Treatment

診療について

診療対象動物や受診の際の注意点など、森下小鳥病院の診療内容についてご説明します。

対象動物

1. 鳥類(猛禽類を除く)

オウム目

セキセインコ、オカメインコ、コザクラインコ、ボタンインコ、マメルリハ、サザナミインコ、オキナインコ、Australian Parakeets(アキクサインコなど)、Conures(メキシコインコなど)、Caiques(シロハラインコなど)、Lories/Lorikeets(セイガイインコなど)、Pionus Parrots(アケボノインコなど)、ヨウム、Amazons(ボウシインコなど)、Cockatoos(バタンインコなど)など

スズメ目 ブンチョウ、カナリア、キンカチョウ、ジュウシマツ、キュウカンチョウなど
ハト目 ハトなど
キツツキ目 オオハシなど
キジ目 ウズラ、ニワトリ、チャボなど

2. 小型げっ歯類

ハムスター、シマリス、デグー、ラット、マウスなど

来院時は、以下の点にご注意ください

  • 冬の来院または患鳥が膨らんでいる時は、使い捨てカイロ、湯たんぽなどでケージの外から保温し、夏の来院時は暑がらないようにご来院ください。患鳥の様子をよく観察して温度調節をしてください。
  • 多尿の場合は、尿検査をすることがありますので、床にはラップを敷く、あるいは何も敷かないでおいでください。
  • 水は患鳥が濡れるといけないので、こぼれないように工夫するか、ケージの中に入れないでください。
  • 複数羽お連れの方は別々のケージでお連れください。

問診票をご用意しました

来院前にご記入いただけるよう、問診票をご用意しました。 問診票(初診用)を表示(pdf:274kb) その他、症状別の問診票もご用意しています。以下のページをご覧の上、必要なものがあればご記入ください。